三協興産株式会社

事業内容

BUSINESS

7つの事業内容

BUSINESS CONTENTS
7つの事業内容 各エリアをクリックで詳細な事業内容をご覧いただけます。
BUSINESS 1

収集運搬


企業規模で取り組む積極的な再資源化。最適な収集運搬、中間処理をトータルで。

廃棄物処理システムのトータルプランニングから、収集運搬(北海道〜九州まで)、中間処理を行います。
調査、分析に基づいて最適な処理方法をご提案し、積極的な再資源化を推進。

収集・運搬
廃石綿等・低濃度 廃PCB等
飛散性アスベストの溶融処理
PDFダウンロード
JX金属環境(株)、東京鉄鋼(株)と業務提携を結び無害化を推進
収集・運搬
荷姿
収集・運搬
積込作業
収集・運搬
積替保管
低濃度PCBの収集運搬
小口収集運搬のための積替保管施設
積込作業
積込作業
積替保管
積替保管
積替保管許可看板
積替保管許可看板
「廃石綿等」「廃PCB等」「PCB汚染物」の積替保管許可を取得しています。
廃油・廃酸・廃アルカリ
廃油、廃酸、廃アルカリをはじめ多種品目をリサイクル
廃油、廃酸、廃アルカリをはじめ多種品目のリサイクルを行います。多種多様の廃棄物に対応します。
収集・運搬
廃液積込作業
収集・運搬
廃油積込作業
汚泥
汚泥の回収作業から運搬、処分まで
汚泥、スラッジの回収作業、槽内洗浄作業から収集運搬、処分を一貫して行います。
収集・運搬
汚泥積込作業
収集・運搬
スラッジ回収作業状況
デジタルタコグラフ動態管理システム

収集運搬車両の動態をリアルタイムで把握し、トレーサビリティを高め透明性の高い産業廃棄物処理を実現する為、収集運搬車両に動態管理システムを導入しています。動態管理システム導入により法令順守や燃費の向上、排気ガスの抑制等による環境負荷の軽減に役立ててます。また車両速度、アイドリング時間等の情報からドライバーの運転マナーや生産性の向上、サービスの改善を図っています。

収集・運搬
収集・運搬
BUSINESS 2

中間処理


中間処理

食品関連事業者各社から排出されるあらゆる食品廃棄物を再資源化します。


資源リサイクル工場の特徴
食品系製品廃棄処理は業界トップクラス
20年超の大手食品関連事業者各社との取引・実績がありますので、安心していただける製品価値滅却・リサイクルをご提案します。
排出元の要望に応じた様々な処分
  • 大量廃棄
    建屋面積1,000坪を有する処理施設なので大量廃棄が可能です。
  • 立会処理
    立会専用スペースがありますので処理状況をその場でご覧いただけます。
  • 当日処理
    希望に応じて引取日に即日中間処理が可能です。
  • リサイクル
    廃棄物の特徴・性状を考慮し、最適なリサイクルをご提案します。
  • 保税滅却
    外貨品処理の実績と経験が豊富なスタッフが処分完了まで丁寧にご案内します。
首都圏近郊部に立地しており好アクセス
収集・運搬

大手食品企業の工場が多数存在する首都圏・関東エリアにて数々の処理実績があります。
また、全国的に許可を取得してますので幅広いエリアの収集運搬も可能です。

安心・安全な作業環境
収集・運搬
工場内・構内に設置された
監視カメラによるモニター管理 及び24時間セキュリティ
収集・運搬
安全帯着用を義務化した作業
信頼と実績の処理フロー
収集・運搬
BUSINESS 3

アスベスト対策


調査分析・対策から工事・運搬処分まで可能です。

1987年よりアスベスト対策に取り組んでおりますので、長年の実績を生かしたベストなご提案をお出し出来ると確信しております。

工事計画
専門家によるサンプリング・分析を経て立案
収集・運搬
建築物石綿含有建材調査者・アスベスト診断士等による、詳細な調査・分析を経て、最適なソリューションを提案します。
工事施工
豊富な実績と充実した設備体制で
安全施工
収集・運搬
※吹付けアスベスト粉じん飛散防止処理技術「SKSアスベスト除去工法」(BCJ-審査証明-187)取得済
関東を中心に、東北・関西・九州と幅広く豊富な経験者が対応します。
処分

溶融処理による無害化の推進

(廃棄物の状況により埋立処理もあります)
処分までの流れ
  1. 1

    調査
    サンプリング

  2. 2

    分析

  3. 3

    工事計画書
    作成

  4. 4

    諸官庁届出
    代行

  5. 5

    施工

  6. 6

    運搬

  7. 7

    処分

※施工について 除去工事の他に封じ込め工事、囲い込み工事、リニューアル工事、etc.も行っております。

BUSINESS 4

プラントメンテナンス


専門設備による的確な処理工事。安全な解体から始まる環境リニューアル。

それぞれの作業は、現状調査で得たデータをもとに周到に計画・準備をしてから実施されます。
安全教育、周辺の環境測定にも注力し、最終処分まで一貫して対応します。

特殊タンク清掃
プラントメンテナンス
  • 硫酸タンク清掃、各種ケミカルタンク清掃〔塩酸・硝酸・他〕
  • 化学洗浄、フラッシング
  • 各種薬品、油脂、汚泥類の清掃除去
  • スケール、スラッジ回収清掃
  • 防食工事、ライニング工事
グラニュール移送工事
プラントメンテナンス
  • 専用トレーラーを使用しての運搬・投入
  • 反応槽内の清掃
プラント・施設洗浄工事
プラントメンテナンス
  • 煙突、タンク、焼却炉、ライン等の洗浄
  • 超高圧洗浄、コンクリートはつり
  • サンドブラスト工事
  • 各除去、研磨工事
BUSINESS 5

焼却炉解体・土壌汚染処理 (ダイオキシン類・PCB・農薬処理工事)


建築・土木・プラント施設や敷地の有害・危険な環境を改善します。

経験豊かな技術者が事前調査、計画立案、工事施工、最終処分まで一貫して対応します。

調査・分析
事前調査を経て計画立案
  • 経験豊かな専門家が詳細な調査・分析を経て最適なソリューションを提案。
焼却炉解体・土壌汚染処理
土壌汚染ボーリング調査
焼却炉解体・土壌汚染処理
焼却炉内付着物調査
工事施工
豊富な実績と充実した設備体制で安全施工

焼却炉解体、土壌汚染処理工事をはじめDXNs、PCB、農薬処理工事等、特殊な工事に幅広く対応。
関東をはじめ、日本全国に対応。

焼却炉解体
焼却炉解体・土壌汚染処理
解体作業
焼却炉解体・土壌汚染処理
小型焼却炉移動解体
土壌汚染処理
焼却炉解体・土壌汚染処理
汚染土壌掘削
焼却炉解体・土壌汚染処理
汚染土壌ドラム缶詰め
埋設廃棄物処理
焼却炉解体・土壌汚染処理
埋設廃棄物処理
焼却炉解体・土壌汚染処理
振動ふるいによる分別
処分
工事は責任をもって、運搬・最終処分まで対応

環境事業部との連携により無害化、再資源化、適正廃棄を実施。
(セメント資源化、溶融、焼却、埋立て処分)

焼却炉解体・土壌汚染処理
ダンプによる運搬
焼却炉解体・土壌汚染処理
ガット船による海上運搬
焼却炉解体・土壌汚染処理
平トラックによる運搬
焼却炉解体・土壌汚染処理
JRコンテナによる運搬
BUSINESS 6

放射能除染


独自の高度技術で汚染地域の除染活動を支えます。

仮設焼却炉
放射能除染
  • 形式:固定床式高温焼却炉
  • 排ガス処理:バグフィルター式
  • 実績:能力 29kg/h(バッチ式)

除染廃棄物のセシウム挙動を把握 排ガス(バグフィルター出口):ND(3Bq/㎥N)以下確認。

除染物の減容化

ブラスト工法除染
放射能除染

施工前と施工後では、削減率は約80%~95% と大幅に放射能を除染することが可能です。

除染
放射能除染

宅地内除染、林縁部除染、農地除染を主に、除草・集草・堆積物除去・拭取り・袋詰め等の作業を行います。

BUSINESS 7

技術開発


新技術への挑戦 技術開発部の歩み。

独自の高度技術で社会に貢献する技術の開発、提案を致します。

VOC分解触媒

近年、悪臭問題及び光化学スモッグの発生原因として削減が求められているVOC(揮発性有機化合物)の分解触媒として、安価な金属酸化物系を開発しました。従来の白金触媒の代替の他、固有の特性を利用した用途開発を進めております。

技術開発
汚染水タンク遠隔除染システム

遠隔で除染が出来るバキューム型ブラストシステムを開発しました。

技術開発
技術開発部施工事例
技術開発
試験焼却設備:福島第一原子力発電所事故に伴う「警戒区域、計画的避難区域等における除染モデル実証事業」
施工時期:2012年1月注文主:大成建設JV
技術開発
大型印刷機排ガス浄化触媒納入施工時期:2013年5月注文主:某社
特許:「悪臭処理用担持触媒」特許出願中
従来の白金触媒の代替で印刷会社、フィルム工場でご使用頂いております。詳しくはPDFをご覧ください。
日本語PDFダウンロード English PDF Download Chinese PDF Download
お問い合わせ
voc-sankyo@skk-web.co.jp
技術開発部沿革
平成22年 12月
ソリューション事業部内に「技術開発室」設置
平成23年 12月
(除染廃棄物)仮設焼却炉実証試験
平成24年 6月
常磐自動車道路除染実証試験
平成24年 8月
濁水処理装置技術導入
平成25年 3月
常磐自動車道路除染等工事
平成25年 3月
Co・Ce系酸化物VOC分解触媒特許*出願*(地独) 東京都立産業技術研究センターとの共同研究成果
平成27年 6月
技術開発部として再編
[営業時間]
月〜金 8:30~17:30
〒210-0867 神奈川県川崎市川崎区扇町12-3
お問い合わせフォーム